お問い合わせ:9時~17時
udic2013@yamanaka-hsp.or.jp

超低線量肺がんドック

増え続けている肺がん

日本人の死亡原因の第1位はがんですが、そのがんの中で最も多いのが肺がんです。肺がんによる死亡は年間8万人です。 肺がんは、がんの中でも治りにくいがんのひとつです。進行するまで症状が出にくく、早期発見が難しいことが挙げられ、見つかったときには手遅れであることも少なくありません。 その一方で、早期の段階で発見されれば、適切な治療により根治できる割合が高いのも事実です。

肺がんの発生部位

中心型(肺門型)がん 症状
肺中心部の気管支に発生
たばことの関係が深い
咳、血痰など
血管や太い気管支の陰に隠れてしまう場所に発生するため、胸部X線検査では見つかりにくい。CTによる検査が有効。
末梢型(肺野型)がん 症状
肺の末梢に発生
たばことの関係は比較的薄い
病巣が大きくなるまでほとんどなし
胸部X線検査で発見されやすいが、CTにより初めて発見されるがんも多い

胸部X線検査と低線量CT検査

肺がんの原因としては、やはりタバコの影響が最大です。約90%の肺がんは喫煙歴のある人に発生します。喫煙により肺がんになるリスクは男性で4.5~5.1倍、女性で2.3~4.2倍に増加します。 当センターの肺がん検診では、非喫煙者には胸部X検査を、喫煙者には低線量CT検査を推奨しています。もちろんご心配な方や希望される方は、非喫煙者でもCT検査を受けて下さい。X線検査に比べてCTでは、数倍の高い発見率と1cm前後の小さい肺がんが多く見つかるという結果が報告されています。また、アメリカ国立がん研究所が行った結果によると、喫煙者に関しては、通常の胸部X線に比べCTで検査を行ったほうが肺がん死亡率を20%減少することが示されています。

  受診者 要精検率 がん発見率
胸部X線検診 26,338名 5.10% 0.163%
CT検診 14,526名 10.20% 0.37%
発見比   2倍 2.28倍

超低線量肺がんCTドック ※単独でも受診できます

高画質・高精細の3次元肺CTを超低被ばくで撮影可能なシーメンス社製CTを導入 最先端技術(Spectrum Shaping*)により放射線被ばくは他院の1/10に激減
*県内では三重大学病院と山中胃腸科病院のみ

■超低線量肺がんCT検診の特徴

1)小さな病変を検出

胸部エックス線写真では、肺は肋骨や心臓などと重なり、小さな肺がんを見つける ことは困難です。 当院のCTは、0.6mmという非常に細かいデータを3次元で撮影するためため、胸部 エックス線写真よりもはるかに小さな肺がんも検出することが可能です。

2)超低線量で被ばく軽減(胸部エックス線検査と同等レベルの超低線量)

これまでの肺CTでは6.9mSV(自然放射線の3年分)の被ばくがありました。 当院の肺がんCT検診では、大学病院と当院でしか導入されていない最新技術 (Spectrum Shaping)を使用するため、従来の約1/10の超低線量で検査が可能 となり、被ばくの心配をすることなく検診を受けていただけます!